事業内容


社会とお客様の「不」を解決するサービス。

Scroll

ReBrand

採用ブランディング

共感採用という 新しい採用の カタチを。 変化が激しい今の時代。 社会の変化に合わせて、 会社も変化していく必要がありますよね。 さて、採用活動も戦略的に変化させることができていますか? ーそもそも採用にかかるコストが高すぎる…。 ーどうやったら会社に合う人材を獲得できるのかわからない…。 ー入社はしたもののすぐに辞めてしまうから水の泡に…。 こういった「不」をお持ちではありませんか? 私たちReShareは、そんなみなさんの「不」を、強みである「想像力」と「創造力」の2つをもって破壊します。

昨今の採用市場は、有効求人倍率が向上するに伴い、採用市場は買い手市場から売り手市場にシフトチェンジしています。表面的なデータでは全体の有効求人倍率は1.8倍の数字です。ただ、このデータはあくまで名だたる大手企業と中小・ベンチャー企業のすべての企業をあつめた平均値です。ですから、大手企業ではまだまだ買い手市場が続いています。 しかし実際、中小企業だけの有効求人倍率は2020年の今10倍にまで膨れ上がっています。つまり、中小・ベンチャー企業は従来の採用アプローチでは採用活動が難航していく一方です。そういった深刻な売り手市場が続く今、どこの中小企業も若年層に向けた的確な採用アプローチ、及びマーケティングに苦戦している現状があります。 これらを踏まえた上で、採用市場を中小・ベンチャー企業が思うように操るためには、採用活動の抜本的な見直しが急務であると言えます。 今の採用市場と私たちの経験をもって、断言できます。 ・大手求人媒体にただアプローチを続ける ・アウトソーシングで人材紹介会社にアプローチを続ける ・社員からの紹介や口コミで人材を集め続ける こういった従来のアプローチでは、採用活動は成功しません。なら、どのように採用活動をすれば良いのだろうか? 戦略的なブランディングを行い、SNSにて露出を増やし、会社に共感するファンをつけること。 これが今後の中小・ベンチャー企業の採用を成功させる方法のすべてです。理由は下記の3つです。 1.同業他社が増え続けているため、会社の中身を差別化することでしか採用活動が不可能になるから。 2.就活生が、給与や待遇ではなくやりがいや社内環境で企業を選ぶようになっているから。 3.転職が容易になったため、採用定着率が低下しているから。 以上になります。 採用活動を恋愛に例えてみましょうか。 従来の採用活動は、会社や就活生の中身を知ってすらいないのに結婚を申し込んでいるようなものです。 一方で私たちReShareが推奨している採用活動は、まずはお互いのことを深く知るところからはじめ、幾度もデートを重ね、お互いの意思確認ができてから結婚を申し込むというものです。こうやって考えてもらえれば一目瞭然ですよね。 期間が長ければいいという話ではなく、より濃密で本質的なコミュニケーションがあってこそ、心から企業と就活生ががマッチングしていると言えるのではないでしょうか。 さて、ここからは、私たちReShareが提供できる「会社のファンになってもらえる共感採用のビジネスモデル」をご紹介しましょう。


YouTube Promotion

STEP:1(認知を生み出す) 視聴をそそるエンターテイメント企画で社内環境をおもしろく伝える。もっとも大きいYouTubeのエンタメ市場をハックし、見られる回数を増やす。 STEP:2(興味を生み出す) 社内の人間をタレント化させ、この人に会いたいをベースに社内に興味を生み出す。ファンコミュニティを形成し、会社の広告宣伝効果をアップさせる。 STEP:3(欲求を生み出す) ファンコミュニティに対して、期待以上の動画を定期的に更新していく。動画自体に一貫したメッセージ性を持たせることで、視聴者に魅力的に見えるよう訴求する。 STEP:4(記憶を生み出す) 社長や新入社員の想いなど、エンターテイメントだけでなくビジネスに主眼を置いた動画をアップする。普段とのギャップを生み出し、会社そのものの魅力で視聴者を惹きつける。 STEP:5(行動を生み出す) ここまで来れば、実際に社長や社員に会ってみたいと思ってくれている。採用プロモーション動画や普段の動画の概要欄・コメントから採用ページへ誘導する。


Wantedly Promotion

STEP:1(認知を生み出す) 記事更新数を増やし他社と差別化するために強烈なコンセプトをもってアピールする。媒体内での露出度をアップさせ、メインターゲットにページを見られるようにする。 STEP:2(興味を生み出す) 貴社のビジョン・ミッション・バリューをともに設定することで、仕事内容だけでなく会社そのものと本質的にマッチングしてもらえるよう社内ブランディングを繰り返す。 STEP:3(欲求を生み出す) フィード記事(ブログ記事)を公開することにより、社長や社員の生の声を届ける。説明会やセミナーでは話さないプライベートな話までインタビューし、貴社で働くイメージを駆り立てる。 STEP:4(記憶を生み出す) 継続的な運用と強烈なコンセプトによって、貴社の存在をターゲットの深層心理に刷り込む。常に新しくおもしろいことに挑戦していく会社の成長過程もともに楽しんでもらう。 STEP:5(行動を生み出す) ここまで来れば、実際に社長や社員に会ってみたいと思ってくれている。貴社のことを理解し共感してもらった段階で、実際に面接へ足を運んでもらうことができる。

いかがでしょうか。 私たちReShareだからこそ実現できる採用ブランディングの形があります。 常に挑戦し続け、おもしろいことを追い求める姿勢を忘れずに日々活動しております。 『虹を架け、花を咲かす雨になる。』 この理念をもって、常識を破壊するサービスをみなさんにご提案致します。

採用ブランディングの料金プラン

さて、ここまでで私たちReShareの採用ブランディング事業についてはご理解頂けたかと思います。ただ、やっぱりどの程度の予算がかかるのかは気になるところですよね。私たちReShareの採用ブランディング事業は、採用を成功させるためだけの事業ではありません。採用活動を通して、中小・ベンチャー企業の「企業価値を高める事業」です。 YouTubeをつかった広告宣伝とWantedlyをつかった採用戦略とにわかれますが、どちらか片方だけであっても企業価値を高めるというミッションは揺るぎません。それを1年という期間でお任せ頂き、その費用を月額課金(サブスクリプション)型の手数料として頂戴しております。 わかりやすく言えば、月額20万円から40万円が最も多い費用間です。なぜこのような書き方をしているのかというと、私たちReShareは、お客様ひとりひとりに対して最適なブランディングプランを企画書としてご提案しているからです。 お客様のご要望に合わせ、全国どちらでも駆けつける所存ですので、まずはお気軽にご相談ください。 採用についてお問い合わせ











ReWide

インフルエンサーマーケティング

影響力のある 爆発的な広告を 広告って難しいですよね。 ーそもそも広告ってテレビ?YouTube?何がいいの? ー広告を出しても効果があるのかどうかわからない。 ー費用を払って広告を出したのに元が取れない。 広告というものに対して、こういった「不」を抱えてらっしゃる方は多いのではないでしょうか? 私たちReShareは、インフルエンサーを起用した「ファンへのダイレクト発信」を利用することで、この「不」を破壊します。


・従来までの広告宣伝活動 「マスアプローチ」と呼ばれ、ある程度の年齢や性別を想定することしかできず、本当にその広告が狙ったターゲットに見られているのかどうかが不透明でした。 広告代理店とは言えど、消費者にダイレクトアプローチする場所がテレビやCM、メディア等しか存在しなかったからです。 ・弊社でできる広告宣伝活動 「コミュニティアプローチ」を呼ばれ、そのインフルエンサーが抱えているコミュニティ(=フォロワー)に対してダイレクトに広告宣伝を行うため、着実にターゲットへ広告宣伝活動ができます。さらに、「いいね」や「PV数」が可視化できる為、どの程度の広告効果があったのかも測定しやすくなっています。 インフルサーのコミュニティ(=フォロワー)は、そのインフルエンサーのファンです。ファンはインフルエンサーの身につけている服や、食事をしているお店、旅行した場所などに憧れを持ちますよね。 私たちReShareは、インフルエンサーを起用することによって、爆発的な拡散力で広告効果を生み出すことができます。

インスタグラムマーケティングを成功させるために

インスタグラムに登録しているインフルエンサーにも属性というものがあります。 発信している内容と抱えているフォロワーの層によりその属性が変わってくるのですが、広告を出すのであれば、その広告を届けたいメインターゲット(ペルソナ)のファンが多いインフルエンサーに宣伝してもらう方が効果があるのは当然のことです。 例)化粧後のお肌の調子を整える美容商品を販売したいお客様 男性ユーザーのフォロワーが多いインフルエンサーに注文をしたところで、広告効果はない。 ↓ 属性の合ったインフルエンサーと組めば...。 ↓ フォロワー「え、この人がこの商品を使ってるんだ!めっちゃ肌きれいだし、私も使ってみよ!」 ↓ 購入の意思決定へ! つまり、ただ影響力のあるインフルエンサーとタッグを組むのではなく、お客様にとってもっとも適したターゲットを抱えているインフルエンサーとタッグを組むのです。 私たちReShareは、お客様の結果にコミットするため、ひとりひとりのインフルエンサーが抱えているターゲット層をデータとして分析し、お客様にとって最適な広告手段をコンサルティングいたします。

インスタグラムマーケティングの料金プラン

さて、ここまでで私たちReShareのインフルエンサーマーケティング事業についてはご理解頂けたかと思います。ただ、やっぱりどの程度の予算がかかるのかは気になるところですよね。私たちReShareは従来の広告代理店とは異なり、SNSで影響力のある若者による爆発的な拡散力と直接的な訴求力を要する広告代理店です。 適当に広告を載せ、大幅な損害につながってしまっているお客様に対し、私たちReShareは最高の広告宣伝環境を提供することをミッションとして事業展開をしております。費用間ですが、弊社ではお客様が宣伝したい商品をもとに見積もりを出させていただきご提案をさせていただいております。 商品がどれだけ世に流通したかどうかで報酬を頂戴するインセンティブ型でも、世に商品を広げる手段を提供するコンサルティングフィー型でも対応可能です。 つまり、私たちReShareは、お客様のご要望に合わせ、全国どちらでも駆けつける所存ですので、まずはお気軽にご相談ください。 インフルエンサー広告のお問い合わせ











ReShare

イベントプロモーション

ReShareのイベント事業部は、 2つのイベントを運営しております。

まるで異世界へ 飛び込んだかのような 空間を創造する


企業と学生が本音を話せる 飲み会就活イベント これら色味の違う2つのイベントで、 お客様の日常を虹色に彩る




私たちReshareが運営するイベント「Share」は、お客様を非日常的な異世界空間へと誘うイベントです。 ー毎日が退屈で刺激がない ーたまには羽を伸ばして遊びたい ー新しい出会いや価値観を創出したい そういった、お客様の日々の暮らしに彩りを与えることをミッションにイベント運営を行っております。 ReShareのコンセプトである「雨」を掛け合わせ、雨が降ろうとも足を運びたくなるような、愛されるイベントを提供すること。イベント運営に対し、情熱をもって活動しています。 実は、「Share」は7年もの歴史があるイベント運営団体です。2020年の現在も続いており、イベント当日には毎度のように関西を熱狂させるイベント運営団体としての実績と信用を備えていると自負しております。 若者の思い出の1ページに深く刻まれる最高のイベントをつくり、関西から全国へ至高のエンターテイメントを提供します。

イベント概要

S.E.F(Share Electronic Festival) N.O.V.A 入学PARTY INSPIRE


会社と学生がホンネを話せないのではない。 その場所がホンネを話せなくしている。

私たちReshareが運営するイベント「カタリバキャリア」は、新卒の就職活動において共感採用ができるイベントを、提供しております。 ー会社の表面しか伝えられていない ー学生の中身がわからない ーES,面接,内定どれも無駄が多すぎ こういった、新卒採用で悩みを抱えていらっしゃる会社様、就職活動で悩みを抱えていらっしゃる学生様に対して、より本質的なマッチングを図るためのイベントです。 突然ですが、会社として新卒採用を成功させるためには、どのような採用活動が必要になるか答えられるでしょうか? 私たちReshareは、ここにひとつの解を導き出しました。 それは、ホンネ(本音)を語り合うことです。 前提として、採用顧客である学生の動向を掴むことや採用企業である会社のブランディングは必要不可欠です。求人媒体での露出やSNSの運用も行うべきであると断言できます。 しかし、これらすべて「会社と学生がホンネで語り合うこと」ができていなければ何の意味もありません。 会社側で例を挙げるなら、会社のブランディングと称して、学生に対してデメリットになるような内容を隠すといった行為が該当します。 学生側で例を挙げるなら、面接に受かるために自分を偽り、まったく別の自分を作り上げて面接に挑むといった行為が該当します。 すると、必然的に会社と学生の間でギャップが生まれますよね。その結果、採用してもすぐに辞職してしまうという悪循環が生まれてしまいます これを踏まえたうえで、私たちReShareは、新卒採用を成功させるため、お互いの本音を引き出すことのできるイベントを運営しております。

イベント概要

1.中規模型の就活交流会

・企業講演 ・企業と学生の座談会 ・企業と学生の対談

2.小規模型の飲み会面接

・大衆居酒屋でラフな飲み会 ・学生が気になるテーマでトークセッション ・その場でオファーができる裏口入社制度

就活交流会と飲み会面接は、お互いが掛け合わさることで相乗効果を生み出すことのできるイベントです。 どれも、従来のような堅苦しい就活イベントではなく、お互いが本音を話すことができる環境を用意しております。 交流会で多数の会社と触れ合い、興味を持った学生が飲み会面接に参加します。 つまり、交流会は認知と興味を生み出す場であり、飲み会は「この会社に入りたい」という学生の行動を生み出すための場となっています。 イベントの参加はコチラ